【フットサル初心者】ボールをもっていない時の正しい位置をとる方法

フットサル

ボールをもっていないとき、どこにいればいいの?


自分のいる位置が正しいかわからない

何を基準に自分のいる位置を決めたらいいの?

私もサッカー経験はありますが、フットサルの動きはわかりませんでした。
「とりあえず動かなきゃ!」という強迫観念すらありました。

確かにコートは狭いし、みんな動き回って混乱しますよね。
この記事ではそんな初心者の人の悩みを解消していきます。

記事のポイント

・全ては「スペース」に紐づいている

・チーム全員の位置のバランスを意識する

・ボールだけ見ない

この記事を書いている私は、現在個サルを中心にフットサルを続けています。
たまにサッカーもやり、両方10年以上プレイしています。

サッカーは小学生から、フットサルは社会人から始めました。
フットサルは社会人で初心者からのスタートでした。

■【フットサル初心者】ボールをもっていない時の正しい位置をとる方法

結論、根本的なポイントは「スペース」を意識することです。
何故なら、フットサル(サッカーも)スペースを活用するスポーツだからです。

そのためにいくつか具体的な行動を紹介します。

・ボールばかり見ない

・360度自分の周りを観察しつづける

・相手、味方、自分の位置をコートの真上から見たイメージをもつ

例えば以下のようにチーム全体の配置が崩れているとします。
もしあなたが赤チームの①の選手だったら、どこに動きますか?

まず狙うべきスペースは2つです。

・左サイド(下図の黄色い〇)

・センターサークル

仮に相手チーム黒の④選手の動きを基準とします。
そうすると選択肢は以下の2つです。

選択肢A
黒④が赤③に寄せた場合、黄色の〇を狙います
赤④を経由して左サイドに展開されるからです。

選択肢B
黒④が赤④に寄った場合、センターサークルを狙います
赤③からボールを直接もらえます。

どちらの選択肢にせよ、赤①のあなたがスペースに動けば
コート半分の広大なスペースが出現します。

そのスペースを赤②、③が使えます。
結果として、チーム全体のバランスが良くなります

より詳しいスペースの話は下記の記事を参考にしてください。
フットサルで無駄に動きすぎてしまう人の改善方法【人 × スペース】

■自陣での位置(スペース)の取り方

結論は繰り返しなりますが、空いているスペースが次の位置です。
その空いているスペースは、他の味方選手がいた位置です。

あなたが赤①で、赤②とマークの黒②が移動してスペースになります。
あなたが次に行くべき位置は、その空いたスペースです。

スペースに動くことによってあなたをマークしている黒①が一瞬外れます
するとボールをもらう時間が一瞬作れます

その後すぐ黒①もついてきます、
赤①のあなたと黒①がいた位置が新しいスペースになります。

赤①と黒①がいたセンターサークル付近のスペースに赤③が新しく入ります
ボールをもっていない味方2人の位置の関係性も意識します。

結果、この一連の流れを繰り返してボールを回していきます。
その流れで相手の陣形が崩れたら、縦パスかドリブルで攻めるチャンスができます

■敵陣での位置(スペース)の取り方

一番簡単な方法として、タッチライン沿いの位置(スペース)です。
具体的な方法は以下の通りです。

①ワンツー

②パラレラ

③ファー詰め

タッチライン沿いが良いのは、まずわかりやすいからです。
もう1つは相手がスペースを空けるのがライン際だからです。

守備側はゴールされる確率が低いライン際に攻撃をそらします。
①~③を順番に画像で紹介します。

①ワンツー

ライン際からコーナーにかけて広大なスペースを活用できます。
相手ゴールを向いたままボールを受けるので、シュートもしやすいです。

②パラレラ

中央からサイドの味方にボールを預けて、ライン際のスペースに走ります。
体はゴール方向ではないので、シュートは体を向き直す必要があります

③ファー詰め

ゴール前のわずかなスペースですが、シンプルで得点率が高いです。
ゴールのファーサイドに走りこんで、味方の強めのパスに足を当てるだけです。

以上の3つでシンプルに得点しやすくなります。
また、チームにも貢献して成功体験を積みやすくなります

味方からの信頼も高まるので、ボールを受ける回数も増えます。
結果、自信をもってプレイできるようになります。

初心者の個人技向上が気になる人は以下の記事を参考にしてください。
フットサル初心者が失敗しない、実戦的フェイント3選【成功率高め】

タイトルとURLをコピーしました