買ってよかったフットサル用ショートソックス2足

ウエア、道具

かっこいいソックスがほしい

試合以外は長いソックスだとうっとうしい

夏は長いソックスだと暑苦しい

個サルに行くとショートソックスを履いている人もよく見かけますよね?
私も初心者のころ、初めてショートソックスというものを知りました(笑)

しかもかっこいいし、夏は涼しそうだし、履いている人うまいし(笑)
今では、試合以外はずっとショートソックスを履いてプレイしています。

記事のポイント

・10年間使っているおすすめショートソックス2選

・ショートソックスのメリット、デメリット

私は現在、個サルを中心にフットサルを続けています。
仲間内の人数が集まれば、サッカーもやります。

サッカーは小学生から、フットサルは社会人から始めました。
会社員で一人暮らしをしながら、週1~2回プレイしています。

■買ってよかったフットサル用ショートソックス2選

結論、必ず1足はもっていると便利です。
理由は、ショートソックスのメリットに書いてあります。

・サイズ:22-24cm、25-27cm

・素材:綿55%、ナイロン20%、ポリエステル10%
 アクリル10、ポリウレタン5%

・カラー:ネイビー、ブラック、ホワイト

良いポイント

・くるぶしまで覆われて、足首からしっかりフィット感がある

・土踏まずとかかと周りのフィット感に優れている

いまいちなポイント

・足裏に滑り止めのラバープリントがない。
 踏ん張ったとき、靴の中で多少ずれが生じる。

週一ペース個サル2時間で使っています。
生地が少し厚めで、だいたい1年くらいもちます。

□スヴォルメ(SVOLME) TRショートソックス 1191-09022(367)

・サイズ:22-24cm、25-27cm

・素材:ポリエステル27%、綿23%、アクリル23%、
 ナイロン23%、ポリウレタン4%

・カラー:スモーキーブルー

良いポイント

・足裏にラバープリントが施されている。踏ん張ったとき、
 靴の中で足がずれないのでグリップが効きやすい。

・フィット感が良い

いまいちなポイント

・ソックスの丈が少し短いので、くるぶし全体を覆わない。
 なので、足首周りのフィット感、安定感が少し悪い。

生地が薄めで、より足裏の感覚がつかみやすいと思います。
4色カラーなので、ウェアとの色合わせの幅が広がります

□2足の共通のメリット

結論として、右足用と左足用でしっかり使い分けられることです。
ソックスに「R」、「L」のししゅうがされています。

なので、使い込んでいけばソックスの形が自分の足の形に合ってきます。
より足の感覚が精度を増すと思います。

■ショートソックスのメリット

あくまで個人的な主観でみたメリットを5つあげてみました。

・フットサルがうまそうに見える

・かっこういい

・夏場は涼しい

・足元がすっきりした感覚

・ランニング用にも転用できる

    冒頭でもチラッとふれましたが、個サルとかで上手い人が
    ショートソックス履いていること多くないですか?(笑)

    実力が伴わないといけませんが、
    まずは形から上手いプレイヤーに近づけます!

    パンツと合わせたときも、長いソックスよりカッコよく見えます。
    ジャージを履いているときも、ジャージの生地がひっかかりません。

    夏は涼しいですし、ふくらはぎが締め付けられる感覚もないです。
    すっきりした感覚でプレイきます。

    また、フットサルやサッカーで使わなくてもランニングなどでも使えます。
    別のスポーツにも転用できるので、1足もっておくと便利です。

■ショートソックスのデメリット

逆にデメリットはあるのか、という疑問もありますよね。
以下に3つをあげてみました。

・レガースを使えない

・こけたらすり傷になる

・男性で毛深い人は気になるかも

特に安全面においてデメリットの可能性があります。
大けがにはなりませんが、ちょっと痛い思いをします。

まずはレガース(すね当て)を使えないです。
すると球際で相手から足を直接けられてしまう可能性があります。

転んでしまったときは、露出が多いのですり傷を負う可能性があります。
傷を負うことを考慮したら長いソックスを選ぶのが無難です。

また、安全面とは関係ありませんが男性に限った話では、
足が毛深い人は気になってしまうかもしれません。

夏は特に汗やら水やら湿気で濡れてしまい、毛が目立ちます。
気になる人は身だしなみとして、事前に対策をうったほうがいいかもしれません。

メリット、デメリットもありますが、総合的にショートソックスは便利で快適です。
ショートソックスを上手く使いこなして、フットボールライフを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました